So-net無料ブログ作成
検索選択

20年以上ぶりのハンディ機購入 VX-8D [アマチュア無線]

一番最後に買ったハンディトランシーバーって何かな?



C501 C701 C160 C460が同じころに売られていたかと。



それ以来、ハンディ機は買っていません。



ハンディ機自体で交信することはほぼ皆無、レシーバーとして使っていることがほとんどです。



少し前に車を買い替えた時に無線機は積まないということで決心しました。



がしかし、何かあった時には無線は便利だよなぁと思いつつ、この車にモービル機は似合わないし・・・・・と色々考えた結果、VX-8Dにしようと数か月前に思いつきました。



そのままずるずる時が流れ、先日届いた某ハムショップセールのチラシを見て、来週末に購入しようと意を決しました。



そんなさなか、ヤフオクをうろうろしていたら、なんと程度のいい、しかも新品同様、購入後4カ月足らずのVX-8Dを発見、即決で出品されていたので速攻でポチりました。



ogimaru_tsuushin-img600x450-1489659958pypswf7721.jpg




送料込みでも断然お買い得、良いものを購入できました。



昨日落札、送金をしましたところ、当日に発送という超迅速な対応をしてくださり本日午前中に手元に届きました。



実物を拝見したらまぁびっくり、見た目全くの新品です。



この無線機、広帯域レシーバー同然で、中波放送、短波放送、FM放送も聞け、V/Uのいわゆるおもしろ無線も聞くことができ、最高の逸品です。



今、エアーバンドを聞いていますが、スケルチの切れ方が、中隊長が理想とするそれなのでとても気に入っています。



車のAUXにつないでエアーバンドを聞いてみたいですね、良い音鳴らしてくれると思います。



早速、無線局の変更申請を致しました。



ということで、これから車でお出かけの際はこのハンディ機をお供にということになります。

やっとできた ネパール 9N7EI @17m [アマチュア無線]

これまで何度もネパールからのペディションはありましたが、毎回撃沈。



毎回「今回は!!」という思いでやっておりますが、我が家からの電波はヒマラヤ山脈の壁は越えていってくれませんでした。



その思いが今日、17mでやっと叶いました。



我が家からの電波がネパールに届いてくれました。



昨日のバングラディシュ(CLUB LOGで確認できました)に続いて今日もニューがゲットできました。



本日のネパールはコールサインを2回返してくれましたので間違いなく合格だと思います。


キャプチャ.JPG

ペディション 活況 [アマチュア無線]

コンディションが暗黒期と言われておりますが、ペディションが各国からオンエアしていますね。



5U5R(ニジェール)は我が家でも比較的強く聞こえていますが、未だ交信できず・・・・・・。



近所のビッグステーションのスーパーキロワッターも何度も呼んでいましたがリターンならず。



この局ができないんだからQRP200Wの私なんぞはとても無理無理(笑)。



無線機が壊れそうなくらい強烈な電波だったの電源を落としました。



しばらくして15mを聞いてみたらS21ZED(バングラディシュ)が強力に聞こえていましたので呼んでみました。



なんとか電波は飛んでいったようでリターンがありました。



比較的近いカントリーですが未交信でしたので1つ増えました。



こちらは3月27日までの運用だそうなので他のバンドでも交信できればと思います。

キャプチャ.JPG

TS-940S サブディスプレイ プチ修理 [アマチュア無線]

TS-940Sを先日購入してラジオ代わりに使っておりましたが、サブディスプレイのバックライトが片方切れていることに気づきました。



LEDに変えようかとも思いましたが、麦球で「ほんわか」とした趣がいいかなということで予備も含めて3セット(6個)購入しました。



上下のカバーを外します。


20170310_153830.jpg


フロントパネルを止めている両脇の上のねじを外し、その下のねじを緩めてフロントパネルを開きます。

20170310_153846.jpg

そうするとサブディスプレイにアクセスできます。


20170310_155143.jpg

サブディスプレイを止めている4本のねじを外します。


20170310_155617.jpg


両サイドの麦球を基板から取り外します。


その際、麦球に被せてある緑色のキャップは紛失しないように保管しておきます。


20170310_160532.jpg


キャップを新しい麦球に被せ、基板にハンダ付けして元通りに組み戻せば完了。

20170310_171845.jpg

しばらくは大丈夫かな。


アルミパイプエレメント新調 [アマチュア無線]

アンテナエレメントとして使っているアルミパイプが相当くたびれてきました。



風により根元の部分が変形してきたので折れる前に新調しました。



根元は1mm厚の直径12mmの1mの長さのアルミパイプ。



このパイプに直径10mm、0.5mm厚のアルミパイプを挿入、さらにその先に直径9mm、0.5mm厚のアルミパイプを25cm程度切断して継手として挿入、その先に直径10mm、0.5mm厚のアルミパイプ。



この繰り返しで4.0mのアルミパイプエレメントを用意しました。



20170225_073711.jpg



ジョイント部分は念のためビス止めをしています。(セルフタップねじ&外歯座金)



アルミパイプとの接続は5DSFAの網線側を結束バンドで5cmほど密着させ、ATUとの接続は圧着端子を使用してます。(芯線側とは絶縁です)



なぜ同軸ケーブルか、表皮、表皮。



そんなこんなで新しくしたらなんとなく飛ぶようになった気がしています。(個人の感想です)

TX5T @30m [アマチュア無線]

ブロ友さんから30mでTX5Tが強い信号で聞こえているとの情報をいただきました。



帰宅して早速アルミパイプをセットしてワッチしてみました。



なるほど、よく聞こえます。



チューニングをとってみると今日は見事なくらいマッチングがよく、SWR計は1.0。



パソコンのアプリケーションを起動し耳と目で様子を窺います。



すると、ブロ友さんから40mにも出ているとの情報、早速QSYしてワッチ。



CWスキマーを見ているととてもとても太刀打ちできそうにありません(笑)。



10分ほどパイルに参戦してみましたがお話になりませんので中止!



30mを改めて聞きに行くとこちらはあまり騒がしくないようでした。



そういうことなら呼んでみましょう!ということで数回コールしてみました。



そうしたらリターンがありました。うまくできました!



コンディションは今一つですが、あの辺りのペディは日本は位置的に有利ですのでローバンドも交信してみたいですね。

修理完了後に気付いた不具合 FTDX5000MP [アマチュア無線]

先日帰還したFTDX500MP、取り急ぎセットして電波は出せるようになりました。ということは先日に記事にアップしました。



最近の運用は17m以下のバンドで遊んでいました。



先ほど、15mでも聞いてみようと切り替えたところ、ディスプレイの周波数表示にむらがあることを発見。



21.〇〇〇.〇〇〇の10MHz台の「2」の一番右の縦のセグメント以外の表示が薄いのです。



1487540068610.jpg




他の部位も数字を「8」にして全て表示する状態にしてみました。



やはりありました。



「Hz」の桁、右の3つの表示の中央の横のセグメントの表示が薄いです。



1487540081943.jpg




見えるのでどうってことはないのでしょうが、先日の修理の際に丸ごとこの部品は交換したはず。



なぜ???



重いのと、コンディションンが少し良くなってきたのと、ペディションがこの先いっぱい出てくることを考えると再修理依頼をするかどうか思案をしています。








ところで、昨日屋上に上がる用事がありました。



やはりありました、30mでノイズを撒き散らしている憎き太陽光発電装置。



ワンルームアパートの屋上に敷詰めたものが2棟、戸建ての屋根の上が2棟、アパートの屋上の大きいものが発生要因かと睨んでいます。

1487540112901.jpg


1487540118344.jpg


1487540122788.jpg




おまけの風景


1487540139834.jpg

FTDX5000MP 帰還後の初交信は [アマチュア無線]

ようやく手元に戻ってきたFTDX5000MP。



リグ背面の配線が面倒なため机の上に放置、適当なアンテナをつないでラジオになっていましたが、意を決して背面のキージャックに電鍵だけをつないで電波を出してみました。



マカオが20mCWで暇そうにCQを出していたので適当なUP周波数で呼んでみました。



すぐにリターンがあり交信することができました。



一応は電波は飛んでいるようです。



エンコーダスリップもなくなり、全ての表示部を交換していただき明るくなりました。



しばらくは遊べそうですがコンディションが悪いですね・・・・・・



残る配線は大進さんのプリアンプ、LP-PAN2、CATなどなど、追々やっていきましょう。(自分に言い聞かせてます)

FTDX5000MP 帰還 [アマチュア無線]

修理・点検をお願いしていたFTDX5000MPがようやく帰還しました。



がしかし・・・・・背面の配線がとてもとても面倒で。



まだ使える状態にはなっていません。



机の上がとんでもないことになっています。

無線機は返らず・・・・・ [アマチュア無線]

青葉城恋歌風に

多摩川の流れる岸部 無線機は返らず
ディスプレー おどる光と 揺れていたリグのSメーター
時はめぐり ペディションが始まり
あの人も呼ぶ パイルの波
真(まこと)おかしき 弱い電波を追っていた
あのペディションは もういない・・・・