So-net無料ブログ作成
検索選択

消防団員の編上げ靴(半長靴) [消防]

中隊長が所属する消防団、編上げ靴をはじめ装備に気を使っている人は残念ながらあまり多くありません。



消防団員は制服や活動服を着用していれば市民の方からは、少なからず注目をされます。



また、地域の行事において団員募集の広報活動も実施します。



その時、勧誘のため声をかけられた方から声をかけた団員の身なりを見て、あまりにも靴が汚い、または、活動服がよれよれだった場合、多分こんな格好悪いんじゃ入団したくないって思うことでしょう。



格好良いと思われなければなかなか入団者は増えないと思います。



ということで、まずは足元からということで「編上げ靴を磨きましょう」というスローガンで各団員に周知しています。



中隊長は仕事用の革靴はいつもきれいにしています。



これは、母から「靴は常にきれいにしなさい。相手はまず足元を見る!!」と言われてきました。



なので、消防団員になった時も編上げ靴はいつもきれいにしていました。



先日、陸上自衛隊の隊員の方の編上げ靴のつま先がとてもきれいに光っていたので思わず声をかけました。



どうやって磨いているのか尋ねてみました。



KIWIという固形の靴墨と少量の水、脱脂綿(コットン)で磨いているとのこと。



ネットで調べると方法はいろいろあるようです。



共通点はKIWIの靴墨。


matsumotokiyoshi_4968306479585.jpg



仕事用の短靴にいつも使っているものでいつも磨いていましたが、早速そのKIWIを購入してみました。



そして、色々やってみて先週の状態がこれ。


20170413_173410_0011.jpg


そして、自衛隊の隊員から教わった通り、靴の皮の凹凸がなくなった状態にしなければならないので、結構厚塗りをします。


そして、ヒートガン(ドライヤーでも可)で塗った靴墨を溶かして凹んだ革の部分に入りこませ、なるべく革の表面を平滑にします。



そのまま30分ほど放置、溶けた靴墨が乾いて馴染んできたら、少量の水を含ませた脱脂綿でその部分をやさしく、そっと円を描くように撫でるように拭きます。



不思議と塗り込んだ靴墨は脱脂綿につきません。



そして、徐々にと光ってきます。



20170417_1738391.jpg


20170417_1739071.jpg



それの繰り返し、毎日やらないとあの自衛官の光は出せません。



知り合いの元自衛官の方に聞いてみましたが、やはり毎日の積み重ねだそうです。




血税で購入したものを貸与されている訳ですし、自身の安全のための装備です。手入れを疎かにするということは、自身を危険にさらすということになると思います。



装備は大切に扱うことを再確認し、周知徹底していきたいものです。