So-net無料ブログ作成
検索選択
アマチュア無線&BCL ブログトップ

中波帯のノイズ  [アマチュア無線&BCL]

ここのところリグがラジオになってしまっています。



しかも中波ラジオ。



放送帯のところどころにビート音のノイズが出ています。



気に入らないのでノイズ源を探してみました。



リグ以外のコンセントを抜き調査開始。



大進無線のプリアンプはONにしたいので移動運用に使っているバッテリーで電源を供給しました。



きれいにノイズが消えました。



それでは調査開始です。



一つずつコンセントにさして行きます。



ノイズ源はすぐに見つかりました。



業務用無線機に電源を供給しているアルインコのスイッチング電源でした。



こいつにイモムシ(フェライトクランプ)を装着して対策してやろうと思います。





番外

プリアンプへの電源供給はMFJのバッテリーブースター(12V→13.8Vの昇圧機)を通して供給しようと頭の中で考えていました。
(バッテリーから直接12Vを供給すればいいのに)


その際、思い切り逆接続をしてしまいヒューズを飛ばしてしまいました(;一_一)。



中を見てみたら平型ヒューズでしたので後日交換します。



ヒューズだけでよかったです。



謹賀新年 あけおめ ことよろ [アマチュア無線&BCL]

お正月早々にいらしていただきありがとうございます。




今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

懐かしの海岸局 JCS 銚子から? [アマチュア無線&BCL]

先日の日曜日の午前中、7MHzのアマチュアバンドから6MHz辺りまで下がっていったら、懐かしいモールス信号が聞こえました。



確か廃局になっている旧電電公社のあのコールサインです。



CQ CQ CQ DE JCS JCS JCS QSX 6MHz K




?????????




リズミカルな信号は当時のものと一緒な感じでした。






一体誰が送信していたんでしょう?





もう、アンテナも局舎も無いのではなかったかな。

プラズマテレビからのノイズに悩んでいた方に朗報 パナソニック プラズマテレビから撤退  [アマチュア無線&BCL]

プラズマテレビからのノイズに悩んでいた方に朗報


パナソニック プラズマテレビから撤退!!



既にニュースで大々的に報道されていますが、パナソニックがプラズマテレビ事業から完全撤退するそうです。



毎日悩まされているあの物凄いプラズマテレビのノイズの発生源が今後生産されないかと思うと嬉しくて嬉しくて。



ただ、尼崎の工場で生産に携わっていた方の今後は気の毒ですが、それは経営陣がしっかりケアしてほしいと思います。




マネした電器と揶揄されたメーカーナショナルブランドを捨てたあたりから創業当時の精神を忘れたんじゃないかな。



いずれにしても、クリーンな環境で受信したい!

今朝は早い プラズマテレビノイズヽ(`Д´#)ノヽ(`Д´#)ノ [アマチュア無線&BCL]

今朝のプラズマテレビからのノイズの垂れ流しは0434からです。



早過ぎだよ。静かに寝ていて欲しい………ヽ(`Д´#)ノp(`Д´)q



快調に受信できていた早朝の船舶気象通報。





















そして最大の敵 プラズマテレビのダダ漏れ垂れ流しノイズ


船舶気象通報 1670.5KHz 受信中に [アマチュア無線&BCL]

早起きしてしまったので、受信環境の良いうちにと思い船舶気象通報を受信していました。



例のプラズマテレビのものすごいノイズもなく快調に受信していました。




ところが、犬吠埼の放送時間中の0523にプラズマテレビの垂れ流しノイズが発生しました。


 

この人、結構遅くまで起きているのに、早起きだぁ。





もう少し寝ていて欲しい………。




っていうか、テレビ買い替えてくれないかなぁ!





一日中ノイズ出てるんだよねぇ。




また、この人が寝付くまでノイズとの付き合いです。

XSG 上海レディオを受信してみましたが [アマチュア無線&BCL]

8MHz帯で業務無線局のモールス通信を聞いてみました。



韓国海岸局の速度にはついていけました。



周波数を変えて上海レディオを受信してみます。




何を打っているのかさっぱり解らない。




相当な速度です。



CW解読ソフトで文字でモニター。なるほど!(業務無線局なので内容は書きません)



パソコンの表示によると1分間に150文字の速度らしい。




これくらいを楽々聞き取れたら最高ですね。

山梨県北杜市移動  [アマチュア無線&BCL]

3/22~3/24まで、山梨県北杜市の清里高原で移動運用をしてまいりました。



交信していただいた各局に御礼申し上げます。



こんな感じでの運用でした。


DSC_0002.jpg


ログケビンを1棟お借りして設営です。


DSC_0003.jpg

キャンプシーズンではないので、お客さんは疎ら。両隣を使っても構わないと管理人さんから許可を得て思い切り7MHzのダイポールを張りました。


DSC_0004.jpg


6mのコメット伸縮ポールに7MHzの逆Vダイポールとセンターローディングの21MHzのモービルホイップです。

21MHzでは「RW3LG/MM」と交信できました。この方、船員さんのようですがどこの海でMMなのかわかりませんでした。


DSC_0005.jpg

岐阜のO谷さん製の頑丈なタイヤベース(結構重い)

DSC_0006.jpg

ロープで木に固定。木を痛めないように柔らかいロープで消防関係者得意の巻き結び!!

碍子側は消防関係者も使いますが船乗りさんの得意なもやい結び!!

余談ですが、消防は解けないように端部を半結びで更に締めます。



DSC_0009.jpg

ログケビン内のシャック FT-450D なぜかHFの洋上管制の周波数ww 

DSC_0010.jpg

同じくログケビン内のシャック IC-726 BCL中?


この機械は夜な夜な船舶気象通報(灯台放送)をワッチするのに用います。


FT-450DはATTがオフにできないので、中長波帯は全くNG。



DSC_0021.jpg

夕飯は一人楽しくBBQ ちーかまを串に刺して炙ると美味しい!!



DSC_0027.jpg

標高が高いせいか少し冷えてきたので、そんなこともあろうかと用意しておいたワンカップで熱燗!!湯気ってるでしょ!!


DSC_0029.jpg

帰りに積算メーターが30,000kmになりましたので撮影してもらいました。(速度は誤差の範囲)


そうそう、7,195KHzで最近流行のAMでの交信が聞こえたので、IC-726で呼んでみたらどうやら上手く動作していなく電波が出ていませんでした。


そこでFT-450Dで呼んでみたら一応きれいな変調だとのレポートをいただきました。


7MHzでの初AM交信、嬉しかったです。

(144MHzではTS-700やIC-746でAMモードで交信したことはあったのですが、かなりの局から「FMはこんな所に出てくるな」って怒られましたが、「AMです!!」って言ってやったことを思い出しました)





プラズマテレビのノイズ 引続き強烈 [アマチュア無線&BCL]

相変わらずどこかの住戸のプラズマテレビが物凄い雑音をばら撒いて小隊長の短波帯の受信機はノイズでSメーターは中央より右に行きっぱなしです。



静かな環境とまでは無理かもしれませんが、このプラズマテレビのノイズだけは勘弁してほしいものです。




今後は新製品としては世の中に出てくることは少ないと思いますが、なんていう製品を開発してくれたんだ.......恨むよ、メーカーを。
アマチュア無線&BCL ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。