So-net無料ブログ作成
検索選択
アマチュア無線 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

TX5T @30m [アマチュア無線]

ブロ友さんから30mでTX5Tが強い信号で聞こえているとの情報をいただきました。



帰宅して早速アルミパイプをセットしてワッチしてみました。



なるほど、よく聞こえます。



チューニングをとってみると今日は見事なくらいマッチングがよく、SWR計は1.0。



パソコンのアプリケーションを起動し耳と目で様子を窺います。



すると、ブロ友さんから40mにも出ているとの情報、早速QSYしてワッチ。



CWスキマーを見ているととてもとても太刀打ちできそうにありません(笑)。



10分ほどパイルに参戦してみましたがお話になりませんので中止!



30mを改めて聞きに行くとこちらはあまり騒がしくないようでした。



そういうことなら呼んでみましょう!ということで数回コールしてみました。



そうしたらリターンがありました。うまくできました!



コンディションは今一つですが、あの辺りのペディは日本は位置的に有利ですのでローバンドも交信してみたいですね。

修理完了後に気付いた不具合 FTDX5000MP [アマチュア無線]

先日帰還したFTDX500MP、取り急ぎセットして電波は出せるようになりました。ということは先日に記事にアップしました。



最近の運用は17m以下のバンドで遊んでいました。



先ほど、15mでも聞いてみようと切り替えたところ、ディスプレイの周波数表示にむらがあることを発見。



21.〇〇〇.〇〇〇の10MHz台の「2」の一番右の縦のセグメント以外の表示が薄いのです。



1487540068610.jpg




他の部位も数字を「8」にして全て表示する状態にしてみました。



やはりありました。



「Hz」の桁、右の3つの表示の中央の横のセグメントの表示が薄いです。



1487540081943.jpg




見えるのでどうってことはないのでしょうが、先日の修理の際に丸ごとこの部品は交換したはず。



なぜ???



重いのと、コンディションンが少し良くなってきたのと、ペディションがこの先いっぱい出てくることを考えると再修理依頼をするかどうか思案をしています。








ところで、昨日屋上に上がる用事がありました。



やはりありました、30mでノイズを撒き散らしている憎き太陽光発電装置。



ワンルームアパートの屋上に敷詰めたものが2棟、戸建ての屋根の上が2棟、アパートの屋上の大きいものが発生要因かと睨んでいます。

1487540112901.jpg


1487540118344.jpg


1487540122788.jpg




おまけの風景


1487540139834.jpg

FTDX5000MP 帰還後の初交信は [アマチュア無線]

ようやく手元に戻ってきたFTDX5000MP。



リグ背面の配線が面倒なため机の上に放置、適当なアンテナをつないでラジオになっていましたが、意を決して背面のキージャックに電鍵だけをつないで電波を出してみました。



マカオが20mCWで暇そうにCQを出していたので適当なUP周波数で呼んでみました。



すぐにリターンがあり交信することができました。



一応は電波は飛んでいるようです。



エンコーダスリップもなくなり、全ての表示部を交換していただき明るくなりました。



しばらくは遊べそうですがコンディションが悪いですね・・・・・・



残る配線は大進さんのプリアンプ、LP-PAN2、CATなどなど、追々やっていきましょう。(自分に言い聞かせてます)

FTDX5000MP 帰還 [アマチュア無線]

修理・点検をお願いしていたFTDX5000MPがようやく帰還しました。



がしかし・・・・・背面の配線がとてもとても面倒で。



まだ使える状態にはなっていません。



机の上がとんでもないことになっています。

無線機は返らず・・・・・ [アマチュア無線]

青葉城恋歌風に

多摩川の流れる岸部 無線機は返らず
ディスプレー おどる光と 揺れていたリグのSメーター
時はめぐり ペディションが始まり
あの人も呼ぶ パイルの波
真(まこと)おかしき 弱い電波を追っていた
あのペディションは もういない・・・・


コンディション悪いですね [アマチュア無線]

タイトルのとおり、コンディション悪いですね。



ということで、「コンディションの落ち込んでいる今こそ」と思い立って、主力機のFTDX5000MPはメーカーのサービスセンターで点検修理中です。



予備機のIC-7100はBCLラジオと化しています。



短波放送も悪いコンディションのあおりを受けてあまりよく聞こえない日もあります。

山梨県北杜市 合同移動運用 [アマチュア無線]

11月3日、ブロ友さんよりひと足先に乗り込みました。



本来は11月4日からの予定でしたが、前日が文化の日だったと気づき、予定変更。



ブロ友さんは文化の日が勤務、翌日未明にご出発とのことで、そうなると朝早くから色々なアンテナの実験ができます。




11月3日は中隊長が1名、今回はいきなり「タヒール社の100A-HP」を設置しました。



この日は風が強く、アンテナを高く上げるにはちょいと怖い感じでした。



しかも、このアンテナ、専用のマウントを使用して3か所「ダブルのUボルト(ブラケット)」で固定するのですが、Uボルトとブラケットとマウントの幅がそれぞれ合っておらず、どうやっても固定できないのです。



このことは以前からわかっていたのですが、使う度にどうにかなるかなと色々とやってみるのですが、今回もどうにかなりませんでした。



結局、結束バンドを複数使用してどうにか落ちないように固定しました。



日本製の製品との精度の違いを思い知らされます。



風が強いこともあり、伸縮ポールは一段だけ上げて運用です。


20161103_150420.jpg



この日はあちこちのバンドを受信しまくって楽しみ、夕方はコンディションもイマイチでしたのでいつものBCLタイム、オーストラリアとニュージーランドの放送を聞きながら夕食の支度(と言っても炭をおこすだけ)。



17時にプレーボール、寒いのでひたすら飲みました。(冷たいビール3.7リッター&地元のお酒七賢1合)



その日はそのまま交信せずに室内に移動、暖を取りながら就寝です。



翌日、早朝の40m CWでマリ共和国が強力に聞こえます。



必死に呼びましたが撃沈。



日ごろ使いなれた無線機ではなく、移動の時しか使用しないため使い方がよくわかりません。



しかも、常置場所では便利なソフトで視覚も使っての運用なので、それらの補助がないと更にヘボオペレーションになってしまいます。



文明の利器、恐るべしです。




いずれにしてもタヒールは良いアンテナです。(マウントの穴ずれは最悪)




ここでブロ友さんが登場。



荷卸しをしてどんなアンテナにするか相談しながら設営。



一つはATUを使用してロングバーチカルアンテナ、もう一つは15m用(17mも調整して運用可)のアルミパイプで自作してくださったフルサイズのダイポールアンテナ。



これらを風が収まったので伸縮ポールをいっぱいの6mまで上げてまずは調整&ワッチ。



どちらもいい仕事をしてくれています。




今回のバーチカルアンテナはラジアルをプラスチックのペグで固定したエレーベーテッドラジアルで実験しました。



いろいろ遊んで暗くなったのでプレーボール(笑)。

20161105_184935.jpg



翌朝、水平ダイポールを下ろし、9:1のバランを使用した20mのロングワイヤーアンテナを設置、それぞれのアンテナを2台の全く同一のリグで聞き比べをしてみました。



設置した地べたの高さに1mの差がありますが、どちらのアンテナも非常に効率的に仕事をしておりました。



結果的にはバーチカルアンテナの優勢ということになりました。



ますます、バーチカルアンテナに魅せられる結果となりました。



いつの日か、タヒールのマウントをしっかりさせて改めての運用をしてみたいです。

合同移動運用 予行演習 現地 [アマチュア無線]

11月の合同予行演習(ペディション(笑い))に備えて予行演習を現地で行ってきました。



現地に到着し資機材を下した時点でへとへとになり、この場所で実績のある第一電波工業のスクリュードライバーアンテナを設置、7/21メガ用に長さを調整したカウンターポイズ(ラジアル様なもの)を取り付け、7メガの長さのものは半円だけ放射状に展開しました。

20161021_163333.jpg


20161021_163346.jpg

この状態で各バンドとも同調を取らずに聞いてみましたが、TL0A、9G5AMともに良好に受信できました。



へとへとでしたので交信はせずとも聞こえただけで満足、BCLタイムに移行してオーストラリアニュージーランドの放送を聞いて夕食までの時間を過ごしました。



明けて翌日、アンテナを少し大きめのタヒール社の100A-HPに交換。



このアンテナは素晴らしいのですが、使用するマウントのUボルトを差し込む穴とUボルトの幅が一致せず、困ったアンテナなのです。



仕方がないので3か所のうちの2か所はインシュロックで固定しました。



20161022_111435.jpg


20161022_111441.jpg


各バンド共にSWRは1.0、メーターを見ていて気持ちいい限りです。


20161022_113326.jpg


50W送信でまったく微動だにしないのは精神衛生上の観点からもいいことです(笑)。




10局も(笑)海外局と交信して満足でした。



明けて最終日、合同運用に同行してくださるバディ局(2エリアのアパマンハム)と実験をしてみました。




15mのグランドウェーブ、何ワットまで聞こえるか大会




ベアフットの200Wから送信してもらいました。




539~559で受信。




段階的に100W→50W→30W→10W→Min



信号強度は弱くなりましたが、ミニマムの状態でも319で受信できました。



さてさて、本番ではアンテナのバリエーションが増えますので楽しみです。

合同移動運用 予行演習 [アマチュア無線]

約7か月ぶりの移動運用というこで、今回は友人と合同の移動運用(飲酒)、来月早々に予定しています。



その準備ということで、21日の夕方から先発隊として予行演習を同じ場所で行ってみようと思います。



場所はいつもの別荘(笑)です。


20161019_164058.jpg

当日は、帰宅後に速攻で出発したいので荷物は積載済みです。




マンション内で「釣りですか?」と声をかけられるので、いつも「はい、そうです、釣れるといいですが(笑)」と対応しています。



ロッドケースにアンテナとマストが収納されています(笑)、そしてクーラーボックスがあったら釣りだろうと思いますよね。



確かに、DXを釣りに行きますが(笑)。





色々やってみたいことはありますが、まずはしっかりしたものを確立させておいて、新たな実験をしてみたいと思います。



第一電波工業のSD330は実績がありますので、まずこれを調整、さらにTarheel(タヒール)のModel 100A-HP 、これは前回うまく動作しなかったので改めて調整してみたいと思います。



自宅用にと購入したModel 100A-HP は大きすぎてとても設置は無理なので、あえなく移動用となりました。



それにしても、大進無線さんで購入したバランはいったいどこに行ってしまったのか、いくら探しても見つかりません。



こういうものは大体、用もないときに見つかったりするもんなんですね。

ATU交換&増設 [アマチュア無線]

オートアンテナチューナー(以下「ATU」)として今まで使用していたMFJ社の「MFJ-993BRT」がどうも調子が悪く飛ばないので、ブロ友さんをはじめ多くの方の良い評価(不具合もそれなりにあるようですが)で定評のあるCGアンテナ社の「CG3000」にこの度変更しました。



MFJ社のATUは10MHz以下のバンドで同調が取れなくなっていました。



エレメントを長くしてみても同様です。



以前、MFJ社のATUの蓋を開けてみたときに、電子部品の焼けた臭いがしていたのですが、その時はそのまま元に戻して再び取り付けてハイバンドのみで使用していました。



しかし、どうも飛ばないので意を決して定評のあるCG3000を購入しました。



その際、以前DXエンジニアリングから購入しておいた「Feedline Current Chokes DXE-FCC050-H05-A」も同軸ラインに挿入してみました。



以前と同様のアルミパイプのエレメントでCG3000で同調を取ると、ほぼすべてのバンドでSWR1.0~1.1に収まります。



初回のチューニングにおいて、ほぼ瞬時に同調が取れました。



なんて良いATUなんでしょう!!もっと早くに変えておけばよかったです。



ちなみに、MFJ社のATUの蓋を再び開けてみましたら、リレーの足元に煤けた痕跡がありました。


1468381145881.jpg



ハンダボールがすごいです。焦げた際の熱でハンダが解けて飛んだのか元々あったのかは不明
1468381151252.jpg





どうも以前から臭っていたのはここだったんだと改めて思いました。



よくよく見てみると蓋も部分にも煤が付着していました。



1468381160654.jpg



ということで、ローバンドで同調しなくなったのはこのリレーがNGだったということでしょう。



日本製のリレーの交換したいのですが、このHK14FH-DC12V-SHGというリレーのデータがありません。



中華製の安いリレーだということだけはわかっているのですが、製品のデータシートが見つかりません。



どなたかご存知の方がいらっしゃればご教示賜りたく思います。


前の10件 | 次の10件 アマチュア無線 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。