So-net無料ブログ作成
検索選択

車入れ替え Passat Variant TSI Highline【1】 [あれこれ]

中隊長は昨年アメリカで大事件になったドイツ自動車メーカーフォルクスワーゲンの2008年式Golf Touran TSI Highlineに乗っています。


走行距離は46,000kmほどであまり距離は伸びていません。



先日の法令点検で不具合箇所が多発、修理すると約20万円かかるそうです。



来年の6月には車検、ここでまた約20万円飛んでいきます。



併せて40万円の出費、さらにその先壊れないという保証はないと思い、かみさんに相談しました。



すると一言「直す必要ないね、新しいのにしよう!!」と。



びっくりしました。



ということで、以前から気になっていた「Passat Variant TSI Highline」にしました。


pasv_gal_04.jpg

VWホームページより拝借

無線機はアンテナを取り付ける場所がなさそうなのでこの車には搭載しません。



今までも走りながら無線をすることはほとんどありませんでしたし、業務無線を聞いていたくらいなので。



その業務無線も最近聞けなくなりましたから諦めもつきます。



移動運用で無線ができれば十分でしょう!!




車はまだ来ていません!!!

ATU交換&増設 [アマチュア無線]

オートアンテナチューナー(以下「ATU」)として今まで使用していたMFJ社の「MFJ-993BRT」がどうも調子が悪く飛ばないので、ブロ友さんをはじめ多くの方の良い評価(不具合もそれなりにあるようですが)で定評のあるCGアンテナ社の「CG3000」にこの度変更しました。



MFJ社のATUは10MHz以下のバンドで同調が取れなくなっていました。



エレメントを長くしてみても同様です。



以前、MFJ社のATUの蓋を開けてみたときに、電子部品の焼けた臭いがしていたのですが、その時はそのまま元に戻して再び取り付けてハイバンドのみで使用していました。



しかし、どうも飛ばないので意を決して定評のあるCG3000を購入しました。



その際、以前DXエンジニアリングから購入しておいた「Feedline Current Chokes DXE-FCC050-H05-A」も同軸ラインに挿入してみました。



以前と同様のアルミパイプのエレメントでCG3000で同調を取ると、ほぼすべてのバンドでSWR1.0~1.1に収まります。



初回のチューニングにおいて、ほぼ瞬時に同調が取れました。



なんて良いATUなんでしょう!!もっと早くに変えておけばよかったです。



ちなみに、MFJ社のATUの蓋を再び開けてみましたら、リレーの足元に煤けた痕跡がありました。


1468381145881.jpg



ハンダボールがすごいです。焦げた際の熱でハンダが解けて飛んだのか元々あったのかは不明
1468381151252.jpg





どうも以前から臭っていたのはここだったんだと改めて思いました。



よくよく見てみると蓋も部分にも煤が付着していました。



1468381160654.jpg



ということで、ローバンドで同調しなくなったのはこのリレーがNGだったということでしょう。



日本製のリレーの交換したいのですが、このHK14FH-DC12V-SHGというリレーのデータがありません。



中華製の安いリレーだということだけはわかっているのですが、製品のデータシートが見つかりません。



どなたかご存知の方がいらっしゃればご教示賜りたく思います。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。