So-net無料ブログ作成
検索選択

歩行中の転倒による応急救護活動 [消防]

昨日車で出かけ用事を済ませてからの帰宅中、自宅直前で老人男性が座り込んでいました。



数名が取り囲んでいたので、何かあるなと判断し、車をそちら方向へ向けてみました。



パッと見たところ出血を確認、車を安全な場所に停車させ傷病者に接触しました。



「消防団です、どうされましたか?」と呼びかけると、「歩行中に転倒した」とのこと。



この際、わざわざ消防団と名乗ることで、一応、一般人よりは応急救護活動ができるということで当事者、周囲が安心します。




痛いところを聞くと、右手が一番痛いとのこと。



負傷部位は見ればわかりますが、容態観察の意味もありますのであえて聞きます。



右眼瞼裂傷、右掌裂傷、右前腕裂傷、右膝擦過傷。



119番通報をし、自分の所属氏名を名乗り、詳細情報を伝えます。



その間、周囲の人に指示をし、感染予防の処置をしながら圧迫止血を実施しました。



直近の救急隊は出場中とのこと、二次、三次、四次の直近隊も不在、結構遠方からの救急隊が出場してきました。



救急隊から出場途上に傷病者の状態の問い合わせの電話がかかってきました。



詳細を伝え所要時間を確認したところ15分とのこと、結構かかりますね、そのことを当事者ご家族につたえ引き続き止血。



ご近所からラテックスの手袋を持参した女性が、直感的に看護師さんだと思いました。



この辺り、病院関係者が多いのです。



手際よく眼瞼裂傷の止血処置をしてくれたので、掌、上腕の止血を引き続きして救急車の到着を待ちました。



救急隊に情報を伝え、引き継ぎ完了。



先ほど、所属の署から電話があり、昨日のお礼を述べられました。



いつもの訓練通りのことをしたまで、御礼には及びませんと申し上げ電話を置きました。



適切に対応できるよう、日ごろの訓練は大切にしていきたいものです。





怪我をしている方の近くに車を停めると、どう見ても交通事故にしか見えない、僕がひいてしまって救護しているように思った人は多かったはず!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。